粘土型にチャレンジ

以下説明は初めて粘土制作をされる方用に作成したもので、この
説明の通りにしなくてはならないというものでは、ありません。
また、スタッフの個人的見解からの解説も含まれます。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

粘土型で色々と制作開始です。
型説明3
使用する粘土型はシリコン製。

型説明2
柔らかく、弾力性があり、しなりますが、あまり折り
曲げると、サクッと割れてしまいます。(>_<)

型説明23
消しゴムなどでご経験がある方もいらっしゃると
思いますが…一瞬で裂ける?ように2つに割れてしまうので
気をつけてください。

型説明3
粘土型は、樹脂粘土や、パン粘土、小麦粘土などでもお楽しみ
いただけますが、成分の違い等によって、粘土型へ密着し過ぎ
て型から外れなくなる場合があります。

型説明4
その時は水分を湿らせたガーゼなどで少しずつ粘土を
ふやかしながら取り除いてください。特に紙粘土は
くっついてしまうことが多いようです。

型説明20
くっつきが気になる場合はバセリンなどハンドクリーム
等を薄く型に塗布するのもお勧めです。ただし、粘土に
油分が付着することになりますので、着色時絵具がはじいて
しまう可能性もあります。

型説明5
ここでは樹脂粘土を使用し制作していきます。
樹脂粘土を使用する理由は、上記のようなくっつきが少なく、
伸びが良いのでお花やクレープ型のような薄い型の作業も
しやすい点からです。

型説明25
樹脂粘土もメーカーによってだいぶ性質が異なります。細工が
しやすくなめらかな仕上がりになるものや、ふっくら感のある
仕上がり(戻る力が大きいので筋をつけてもシャープに筋が
つかなかったり)のもの、もっちりなもの(少しべたついて
乾燥に時間がかかるもの)年数が経つにつれ、強度が落ちて
花の茎にしたものなどが、くたっとした感じになって
しまうもの…など…用途によってや、自分に合う粘土を
探してみるのも楽しいと思います。

型説明27
(着色していない粘土を乾燥させたもの4種)
樹脂粘土は乾燥すると透明になります。乳白色が混濁したような
透明という位なので、すけすけに透明になるわけではありませんし、
各メーカーで透明度は異なりますが、焼いたパンやクッキーなどが
透明…というのもリアル感がないので、そのようなものを作る時は
若干白やベージュなどを加えたほうがリアルに再現できます。

型説明22
(左:絵具のみなので透明感があります。 中央は白をプラス 
右:絵具が多いので透明感はほとんど出ていません)
白などを加えず淡い色だけを加えると発色もきれいですし、
かわいらしいイメージに仕上がりますので、これは表現の
お好みで、一概に白を加えなくてはいけない。という事は
ありません。逆に濃い色や絵具を多く混ぜると、白を加え
なくても透明感はでてきません。メーカーによって発色も
異なります。

型説明26
使いたい程度の粘土を取り出します。乾燥すると細かい
細工がしにくくなるので手早くヘラですくい取ります。
残りの粘土は速やかにラップで包み空気に触れないように
します。

型説明6
着色したい色を粘土に混ぜ良く練りこみます。まんべんなく
練りこんだら、この粘土も素早くラップに包みます。
この第一段階の着色については明日また改めてご紹介します。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
ホビーショーの時や夏休み前など、粘土についてや、型の基本的な
使用方法など本にも載っていない基本的な事がわからないという
ご質問を多くいただき、このようにまとめてみました。これは
あくまでも個人的見解が大きい説明です事をご了承ください。

ミニ厨房庵で現在販売している粘土型での方法であり、その他
市販の粘土型に共通するものでもありません。またこれらの説明は
ミニ厨房庵のスタッフが感じたもの、良いと思った方法であり、
この通りにしなくてはならないというものではありませんので、
色々とお試したり、楽しんでみてください。

←ワンクリック投票:ぽちっと画像クリック お願いします。
    ↑       *ブログランキングに参加しています*
ぽちっと応援
ありがとうございます(●^o^●) 

いつもありがとうございます。  ミニ厨房庵
         ミニ厨房庵のHPへクリック ↑ のぞいてみてね(●^o^●)
2009年03日 はじめてのミニ作りチャレンジ こめんと- とらっくばっく-
  

プロフィール

Mini Chuubouan

Author:Mini Chuubouan
はじめましてミニ厨房庵です。

ミニチュアドールハウス小物(主に金属製品)を制作販売しています。
ミニ厨房庵オリジナル商品の制作過程や工房内の様子、ミニチュア制作などを更新していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード